講師養成塾

「講師養成塾Wの秘劇」動画

1.Wの秘劇とは?

講師養成講座Wの秘劇では、その人の個性やサービスメニューにマッチした 「タレント性の高い売れる講師」を育成することを目的にしています。元俳優でタレント養成スクール講師の矢野ひろのぶ塾長とキャリアコンサルタントの小路智広講師2名のチーム・ティーチングが特長です。
Wの秘劇では①継続的な訓練の講座と②実践の場「講義の場」を提供します。

2.自分に合った教授法

教授法は、自分に合ったものが最適です。 自分の性格や作り込んだキャラクター、教えたい内容、対象、教え場にマッチするように磨いていきます。 キャリア支援や就職支援、学生対象、企業社員対象などご自身の経験・経歴やキャラクターと相性の良い教育の場を共に企画していきます。

3.3つの教育アプローチ

①教えすぎずに考えさせる ②褒めるではなく認める ③ヒントを与えて解説は少なく
分かりやすい授業や褒めることは「愛」ではありません。本当に受講者の成長を願うのならば、深く広く考える時間を与えることが「愛」だと思います。教育とは、受講者から「分かりやすい」「やさしい」「親切だ」と言われることではなく、何かを自分で「発見」し意識が変わり「行動変容」することを目的としているからです。

1.講師と類似職種とを区別する

〇分かりやすい説明によって
知識の定着やスキルアップを図るインストラクター

〇現状をヒアリングしながら上質な質問によって
その人の中にある考えや答えを引きだすコーチ

〇主に聴く技術によって感情と経験を整理し
「新たな意味」の気づきまで寄り添うカウンセラー

〇ある分野の専門的な知識・情報・ノウハウなどの
助言によって問題を解決するコンサルタント

〇集団のワーク・討論において効果的な促進手法によって
グループダイナミクスを図るファシリテーター
○ 物語によって新たな発見を助け、知識・技術・意識の定着を図る。講師
授業、研修、セミナー、講演は各々講義手法が異なる部分があります。

2.愛される講師へのステップ

愛されるステップ1.「相手から愛される自分」づくり
・・・挨拶や掴みの技術で効果的な導入=話し手の人柄

愛されるステップ2.「素材集め」(深い考察~素材選び)
・・・心から伝えたい真理・原理・原則を持つこと=話題

愛されるステップ3.「物語り力」の習得
・・・聞き手を意識した効果的なコミュニケーション=話し方

良い講師は、相手の反応を確認しながら話題を「ずらす」、話し方に「変化をつける」などと
いう微調整を施すことですべりかけてもリカバリーできています。講師の物語り力には、
伝えたいメッセージを直接聞き手に届けるようなコミュニケーションの意識が何よりも
必要になります。「うまいか下手か」よりも聞き手が、直接メッセージを届けてくれている、
と思える感覚が「講師の思いや内容が、受講者の心に届く(デリバリーできる)」かどうかの大きな鍵となります。

3. 90分授業の導入に必要なこと

①事前の準備  ②90%を左右する空間マネジメント
③音響:マイクはできるだけピンマイク  ④登壇~第一声  ⑤はじめの質問

投稿日:

Copyright© 全国300万人就職応援プロジェクト , 2017 AllRights Reserved.