ビジョン

15歳から29歳までの若者の「就職難」は続いています。
企業の採用予定人数が一時的に増加することがあっても、 経済成長の低迷が今後も予測される環境下では、安定した求人数は期待できません。
入社したい会社で自分がやりたい仕事に就ける確率は低いでしょう。平成24年3月大学学部卒業生約56万人における 正規職員就職率は実は60.0%であることをご存知でしょうか?
しかも、15歳から29歳までの若者においては 就職して3年以内の離職率は大変高く、大学新卒者で30%程度。
全国の18歳から29歳までの人口は、現在約1000万人。
全国300万人の若者が新卒や第二新卒での「就職活動の壁」 、または就職後3年以内での「離職の危機」に立たされることになるのです。

全国300万人就職応援プロジェクトは、
このような「壁」や「危機」を乗り越えるチカラを育てるプロジェクトです。
そして、そのミッション達成のために 就職とキャリア支援の専門家である「キャリアコンサルタント」が 中心となって日本全国に「より強力な就職とキャリア支援のネットワーク」を 構築していくことをビジョンとして掲げ、始動いたします。

2014年6月1日
全国300万人就職応援プロジェクト会員 一同

投稿日:

Copyright© 全国300万人就職応援プロジェクト , 2017 AllRights Reserved.